収入証明書不要

50万円以下なら収入証明は不要?それは本当なのか?

収入証明が不要な業者の探し方

収入証明が不要な業者からお金を借りたい場合、現在であればインターネットで情報収集をすることが多いでしょう。

すると、収入証明不要キャッシングを探すには、50万円以下の限度額で借りられる業者を探すとよいと書かれているサイトやブログも存在しています。

実際はどうなのかというと、限度額が50万円以下になっている場合や、借りる金額を50万円以下に抑えることで、収入証明が不要になる業者もあります。

業者によって変わってくるのに、なぜ50万円以下の限度額になっている業者を探すのかよくわからないという人もいると思います。

その理由は、賃金業法という法律を見るとよくわかるでしょう。

 

賃金業法によって定められている

お金の貸し借りを行う場合、賃金業法という法律が関係してくるのですが、この法律の記述を見ると、単独でお金を借りる場合には50万円、複数の業者でお金を借りる場合には100万円を超える場合には、収入証明の提示が義務付けられると明記されているのです。

ようするに、50万円以下であれば、必ずしも収入証明を提示する必要はないことになっているのですが、提示を求めたからと言って違反になるわけではありません。

だから限度額が50万円以下になっていると、収入証明の提示がない業者が多いため、このように書かれているサイトが多いと言えるのです。

しかし、この賃金業法というのは、銀行とキャッシング業者では若干内容が異なっているので、収入証明不要キャッシングの業者を使用するのであれば、賃金業者の欄を確認しないといけません。

 

まとめ

50万円以下の金額を借りるときでも、当然収入証明を求めてくる業者も存在していますが、50万円以下の金額を借りる場合には、通常収入証明の提示は義務付けられていないので、求められない場合もあるのです。

収入証明不要キャッシング業者を利用したい場合には、50万円以下のキャッシングなどと検索して探すと、比較的簡単に発見することができるでしょう。

続きを読む

即日融資を受けたい!重要なポイントとは

複数の審査を受けておく

よくインターネットでキャッシング業者のホームページを見ると、即日融資という宣伝が行われていることがあります。

しかし、実際には即日融資とは言っても、ある程度時間がかかってしまうこともあるのですが、どうしてもすぐにお金が欲しい場合には、1つの業者に絞って審査を受けるのではなく、複数の業者で審査を受けておくことが重要です。

ド下手の鉄砲も数打ちゃ当たるということわざがあるように、たくさんの業者で審査を受けておけば、業者によっては早く審査が終わり、お金が借りられるというわけです。

ただし、キャッシング業者の評判を全く確かめず、ただむやみやたらと審査を申し込めばよいというわけではありません。

きちんと比較をして、評判や口コミを調べてから審査の申し込みを行うのは常識です。

いくら急いでいるからとは言っても、悪徳業者などにお金を借りてしまうと大変なことになるので、審査を申し込むときには必ず情報収集を行いましょう。

 

収入証明と来店不要の業者を選ぶ

即日融資をしてくれる業者の中には、収入証明不要キャッシングが可能な場合もありますし、来店不要な場合もあるのです。

ようするに提出する書類は、自分の名前や住所、電話番号や勤務先などを記入するだけで、後は何も提出する必要がないため、無駄な時間を取ることがありません。

しかも来店せず、申し込みをすればATMでお金を借りることができることも多くなっています。

このようなキャッシング業者は、基本的にインターネットから申し込みを行うので、急いでお金を借りたいときにはとても重宝します。

あらかじめお金が足りなくなったときのことを考えて、いくつか審査を申し込む業者を絞っておき、なおかつ収入証明不要、来店不要の業者を選んでおくとよいでしょう。

 

まとめ

収入証明が不要で、来店も不要な上に、即日融資をしてくれるとても便利なキャッシング業者を利用すると、どれぐらいの時間でお金を借りることができるのでしょうか。

もちろん利用する業者によっても変わってきますが、早ければ30分ぐらいでお金が借りられるようになるところもあります。

続きを読む

審査に受かる人と落ちる人の違い!ポイントはこれ

このような人は審査に落ちやすい

キャッシングを利用してお金を借りる場合、収入証明の有無に関係なく審査が行われますが、審査に落ちやすい人の特徴をしっかりと把握しておくことで、ある程度対策ができます。

そこでこのような人は審査に落ちやすいというポイントをいくつか紹介させていただきます。

まずは非正規雇用や個人事業の場合には審査に落ちやすいと言えるでしょう。

また、正社員であっても勤続年数が半年未満の場合には、審査に落ちやすくなっています。

他にも居住年数によって審査に影響してくると言われているのです。

非正規雇用や個人事業主の場合には、収入が安定していないと思われてしまうので、審査に落ちることが多いのですが、実はこのような非正規雇用の人がよりキャッシングを必要としています。

非正規雇用であっても、やはり勤続年数が長ければ審査に通りやすくなるのですが、正社員でも勤続年数が短いと、審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

居住年数も、長い場合にはきちんと家賃を支払っているということで、審査が通りやすくなるのです。

 

逆に審査に通りやすい人とは

最も審査に通りやすい人というのは、実は公務員で一軒家を持っている上、妻子がいるという人です。

他にも携帯電話や固定電話だけではなく、両方を所持しているという人も審査に通りやすくなっています。

実はこのような層の人は、最もキャッシングを必要としていないので、まず借りに来るということはないでしょう。

簡単に言えば、キャッシングというのはお金に困っている人が借りるので、お金に困らない人は当然借りに来ることはありません。

だからこそ収入証明を不要にしたり、多少審査を甘くしたりして、借りに来る人の層を広めていると言えるでしょう。

 

まとめ

キャッシングを利用するときに行われる審査では、勤務先が大きく影響していると言えるでしょう。

公務員や正社員、さらに社会保険にしっかりと加入している状態であれば、どこのキャッシングを利用しても、審査に落ちる可能性はかなり低くなっています。

続きを読む

キャッシング口座開設の方法!実はとても簡単!

口座開設に必要不可欠な物

キャッシング口座の開設を行う場合、必ず必要になる物が存在しています。

これはどこのキャッシング業者で口座を開設する場合であっても同様です。

そこでキャッシング口座開設に必要な物を紹介させていただきます。

1つ目は本人確認書類ですが、これは本人であることが確認できればよいので、免許書役場に行って住民票をもらってくれば問題ありません。

住民票ではなく、免許証や健康保険証、パスポートでも問題ありませんが、本人確認の書類とは別に、住民票が必要になるのが一般的です。
※ほとんどのキャッシングでは口座開設が免許書のみの場合でOKです。

2つ目は印鑑証明書なのですが、やはり役場でもらうことになるので、住民票と一緒に貰ってきましょう。

この他にも納税証明書や社会保険の領収書などが必要になる場合があるため、担当者の指示通りに書類を用意する必要があります。

印鑑は必ず必要になるので、書類と一緒に持参するようにしましょう。

 

収入証明は必要なのか

キャッシング口座開設するときには、収入証明は必要になるのかという疑問を持っている人もいるでしょうが、収入証明はキャッシング業者によっても変わってきますし、借りる金額によっても変わってきます。

基本的には100万円を超える融資を受ける場合には、必要になる可能性が高いと思っていた方がよいでしょう。

ただし、100万円以下の融資であっても、業者によっては収入証明が必要になる場合があるので、事前に確かめておかないといけません。

やはり収入証明は見せたくないという人も多いので、最近では少額融資の場合に限り、収入証明がなくてもキャッシング口座開設が可能になっている業者が増えてきました。

また、収入証明の他にも、源泉徴収票や確定申告書、給料明細などが必要な場合もあります。

 

まとめ

キャッシング口座を解説する場合、収入証明は必要がない場合があります。

ただし、高額のお金を融資してもらう場合には必ず必要になりますし、収入証明以外にもいろいろな書類が必要になるのですが、比較的簡単に揃えられる物ばかりなので心配はいりません。

続きを読む

消費者金融とは何か!ヤミ金やサラ金とは違うの?

消費者金融とは何か

消費者金融と言われても、詳しくわかっていないという人も多いでしょうが、簡単に言えば、比較的低額のお金を貸している業者のことを言います。

基本的には銀行などと同じなのですが、比較的審査も甘く、お金が借りやすいという面では消費者金融の方が多く利用されていると言えるでしょう。

日本全国にもたくさんの業者があるので、インターネットを使って調べてみると、たくさんの消費者金融業者がヒットします。

中には消費者金融を使用したことがない人であっても、よく名前を聞く業者も存在しています。

収入証明不要キャッシングの多くがこの消費者金融だと言えるでしょう。

 

ヤミ金やサラ金とは違っているのか

よく消費者金融を、ヤミ金やサラ金と勘違いしている人もいるのですが、ヤミ金というのは、簡単に言えば法律に違反している消費者金融のことです。

サラ金というのは、サラリーマンが中心に利用していることからサラ金と呼ばれていたのですが、最近ではサラ金という呼び方はあまり行いません。

よくサラ金に手を出すな、などと言われることがありますが、サラ金は昔の消費者金融の呼び方であり、特別法律に違反しているわけではないのです。

そのため、サラ金と消費者金融を一緒にすることは間違っていませんが、ヤミ金というのは法律に違反している業者のことなので、一緒にして考えてはいけません。

中には街金と呼ばれることもあるのですが、あまり街金という人はいないでしょう。

街金は小規模な消費者金融のことなのですが、基本的には一般的な消費者金融とは変わりません。

ただし、法律に違反している小規模業者という使われ方もするので、消費者金融を利用するときには、十分な情報収集が必要です。

 

まとめ

サラ金と消費者金融は同じような意味なのですが、ヤミ金とは全く異なっているので、混同してはいけません。

ヤミ金と消費者金融の大きな違いは、法律に違反しているか、法律を守って営業をしているかの違いです。

続きを読む

お金がないから借りるのに!なぜ収入証明がいるの?

収入証明書とは

収入証明書というのは、簡単に言えば自分の収入を証明する物のことなのですが、実は収入証明書という書類は存在していません。

収入証明書を提出してくれと言われた場合、収入証明書という書類を提出するのではなく、収入を証明できるものを提出するということなのです。

例えば今年はこれぐらいの収入があったということをまとめた源泉徴収票ですが、会社に勤めていない人は貰うことができないので、確定申告書を提出することが多いでしょう。

双方とも収入証明として使えます。

他にも給与証明書や所得証明書なども収入証明として使えるのですが、大半の人は源泉徴収票や確定申告書を提出するでしょう。

中には給料明細でも受け付けてくれる場合があるのですが、どこの業者でも大丈夫というわけではないので、事前に聞いてみないといけません。

 

収入証明が必要になるわけとは

キャッシングを利用する人というのは、通常お金がない人が利用します。

それなのに、なぜ収入証明が必要になるのかというと、当然返済能力があるのかを確かめるために使用するのです。

キャッシング業者もお金を返済してもらわなければ儲けを出すことができません。

だからこそきちんと仕事をしていて、返済が可能かどうか審査を行ってからお金を貸すかどうか判断するので、収入証明が必要になるのです。

そんな収入証明はどこの業者でも必ず必要になるわけではなく、収入証明不要キャッシングもあるので、情報収集をしてみるとよいでしょう。

 

まとめ

中には収入証明不要キャッシングというのも存在しているのです。

収入証明書が不要となっているところでは、当然用意する必要がないので、特に収入証明書のことを気にする必要はないでしょう。

もちろん大半のキャッシング業者は収入証明が必要になるのですが、借りる金額によって収入証明不要キャッシングを利用できる業者もあります。

しかし、収入証明が不要という業者は少なくなっているので、利用できるところがある程度限られてしまうというのが主なデメリットだと言えるでしょう。

続きを読む

三井住友銀行カードローンも収入証明不要!気軽に借りられる

金額によっては収入証明はいらない

収入証明書を提示したくない人の場合、ある程度高い金額を借りることは難しくなっているのですが、三井住友銀行カードローンであれば、300万円以下なら収入証明を提示しなくても、お金を借りることが可能になっているのです。

三井住友銀行カードローンの場合には、日本全国いろいろなところに店舗があるので、インターネットが苦手でオンライン申し込みは不安だという人でも安心して借りることができるでしょう。

実際インターネットを使用している人であっても、三井住友銀行の場所やキャッシングの申し込み方法、使用できるATMなどは自分で調べ、借りるときには店舗を利用するという人もいます。

インターネットであっても、店舗であっても気軽に利用できるところが、三井住友銀行カードローンのメリットだと言えるでしょう。

もちろん短い時間で借りることができるため、急にお金が必要になったときにも助かります。

ただし、どんなに短い時間であっても、最低30分以上はかかると思っていた方がよいでしょう。

 

最大融資額も大きくなっている

三井住友銀行カードローンを使用すると、300万円までであれば収入証明不要でお金を借りられるのですが、人によっては収入証明を提出したとしても、もっとお金を借りたいと考えている人もいると思います。

多くの銀行では、借りられる最大金額が500万円ぐらいに設定されていることが多いのですが、三井住友銀行の場合には、最大800万円まで借りることが可能です。

もちろん300万円を超えているので、収入証明は必要になってしまいます。

このように最大融資額を高く設定していることで、少額であってもお金を借りたいと思う人もいるのです。

最大融資額が大きいから利用している人も多い、サービスが充実していると感じる人もいるため、このような人が収入証明不要という宣伝を見て、300万円以下の金額を借りることもあるのです。

 

まとめ

三井住友銀行カードローンのように、300万円以下であれば収入証明不要となっている銀行も、少数ながら存在しています。

このような宣伝文句だけではなく、他のサービスに注目して比較し、借りたい業者を選ぶという方法もよいでしょう。

続きを読む

収入証明なしで借りられるの?オリックス銀行

300万円以下なら収入証明不要

銀行やキャッシング業者からお金を借りる場合、収入証明が必要になることが多いのですが、オリックス銀行では収入証明が必要になるのでしょうか。

先に答えを言ってしまうと、オリックス銀行では借りる金額が300万円以下の場合であれば、収入証明が不要になっています。

300万円を超えるような金額を借りる人というのはそれほど多くはないので、大半の人は収入証明がなくてもお金を借りることができるでしょう。

収入証明を簡単に提示できる人の場合、多くはそれほどお金に困っていない人なので、実際にはお金を借りるようなことはあまりしないですし、逆に収入証明を出すことを渋ってしまう人の方がお金に困っています。

このようなお金に困っている人であっても、気軽にお金を借りられるように、このようなサービスを導入しているのでしょう。

通常は50万以下でないと収入証明が不要にならないので、300万円以下というのはとてもうれしいことなのです。

 

短い時間でお金を借りることができる

オリックス銀行では、300万円以下なら収入証明がなくてもお金を借りることができるだけではなく、短時間でお金を借りることもできるのです。

通常すぐにお金が欲しい場合には、それほど高い金額になることは少ないので、オリックス銀行を利用すれば、すぐにでもお金を借りることができるでしょう。

しかもいろいろな銀行のATMが使用できるので、自宅の近くや会社の近くにオリックス銀行がないということも多いため、このようなときにはインターネットを利用すればよいのです。

さらにお金を借りる場合には、オリックス銀行と提携しているATMを利用すれば簡単に引き下ろすことができます。

もちろん返済するときにもATMが利用できるので、安心してよいでしょう。

 

まとめ

銀行によっては必ず収入証明が必要なところもあれば、オリックス銀行のように、金額によって収入証明の有無が変わってくるところもあります。

収入証明を出すのは抵抗がある人も多いので、このようなサービスはとてもうれしいと感じる人も多いでしょう。

続きを読む

▲ページトップに戻る