消費者金融とは何か!ヤミ金やサラ金とは違うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融とは何か

消費者金融と言われても、詳しくわかっていないという人も多いでしょうが、簡単に言えば、比較的低額のお金を貸している業者のことを言います。

基本的には銀行などと同じなのですが、比較的審査も甘く、お金が借りやすいという面では消費者金融の方が多く利用されていると言えるでしょう。

日本全国にもたくさんの業者があるので、インターネットを使って調べてみると、たくさんの消費者金融業者がヒットします。

中には消費者金融を使用したことがない人であっても、よく名前を聞く業者も存在しています。

収入証明不要キャッシングの多くがこの消費者金融だと言えるでしょう。

 

ヤミ金やサラ金とは違っているのか

よく消費者金融を、ヤミ金やサラ金と勘違いしている人もいるのですが、ヤミ金というのは、簡単に言えば法律に違反している消費者金融のことです。

サラ金というのは、サラリーマンが中心に利用していることからサラ金と呼ばれていたのですが、最近ではサラ金という呼び方はあまり行いません。

よくサラ金に手を出すな、などと言われることがありますが、サラ金は昔の消費者金融の呼び方であり、特別法律に違反しているわけではないのです。

そのため、サラ金と消費者金融を一緒にすることは間違っていませんが、ヤミ金というのは法律に違反している業者のことなので、一緒にして考えてはいけません。

中には街金と呼ばれることもあるのですが、あまり街金という人はいないでしょう。

街金は小規模な消費者金融のことなのですが、基本的には一般的な消費者金融とは変わりません。

ただし、法律に違反している小規模業者という使われ方もするので、消費者金融を利用するときには、十分な情報収集が必要です。

 

まとめ

サラ金と消費者金融は同じような意味なのですが、ヤミ金とは全く異なっているので、混同してはいけません。

ヤミ金と消費者金融の大きな違いは、法律に違反しているか、法律を守って営業をしているかの違いです。

▲ページトップに戻る