審査に受かる人と落ちる人の違い!ポイントはこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このような人は審査に落ちやすい

キャッシングを利用してお金を借りる場合、収入証明の有無に関係なく審査が行われますが、審査に落ちやすい人の特徴をしっかりと把握しておくことで、ある程度対策ができます。

そこでこのような人は審査に落ちやすいというポイントをいくつか紹介させていただきます。

まずは非正規雇用や個人事業の場合には審査に落ちやすいと言えるでしょう。

また、正社員であっても勤続年数が半年未満の場合には、審査に落ちやすくなっています。

他にも居住年数によって審査に影響してくると言われているのです。

非正規雇用や個人事業主の場合には、収入が安定していないと思われてしまうので、審査に落ちることが多いのですが、実はこのような非正規雇用の人がよりキャッシングを必要としています。

非正規雇用であっても、やはり勤続年数が長ければ審査に通りやすくなるのですが、正社員でも勤続年数が短いと、審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

居住年数も、長い場合にはきちんと家賃を支払っているということで、審査が通りやすくなるのです。

 

逆に審査に通りやすい人とは

最も審査に通りやすい人というのは、実は公務員で一軒家を持っている上、妻子がいるという人です。

他にも携帯電話や固定電話だけではなく、両方を所持しているという人も審査に通りやすくなっています。

実はこのような層の人は、最もキャッシングを必要としていないので、まず借りに来るということはないでしょう。

簡単に言えば、キャッシングというのはお金に困っている人が借りるので、お金に困らない人は当然借りに来ることはありません。

だからこそ収入証明を不要にしたり、多少審査を甘くしたりして、借りに来る人の層を広めていると言えるでしょう。

 

まとめ

キャッシングを利用するときに行われる審査では、勤務先が大きく影響していると言えるでしょう。

公務員や正社員、さらに社会保険にしっかりと加入している状態であれば、どこのキャッシングを利用しても、審査に落ちる可能性はかなり低くなっています。

▲ページトップに戻る