在籍確認は必ず行われるの?内緒でバレずに借りる方法は無いの?

本当に働いているのか確認する

収入証明不要キャッシングを利用したとしても、必ず勤め先は記入することになるのですが、その理由は在籍確認をするためといってもよいでしょう。

在籍確認というのは、実際に自分が記入した会社に連絡を入れ、本当に在籍しているのかを確認するために行われています。

そのため、どのようなキャッシング業者を利用したとしても、必ず在籍確認が行われると思ってよいでしょう。

なぜこのようなことを行うのかというと、人によっては全く関係のない会社や、友人知人、家族が勤務している会社を記入する、もしくは既に退職をした会社を記入することがあります。

このようなことがないように、在籍確認を行うのです。

もし在籍確認ができないようであれば、審査に通らないことが多いのですが、逆に在籍確認が行えれば、かなり高い確率で審査に通ると思ってよいでしょう。

 

在籍確認が行われないこともあるのか

基本的に正社員として勤務している場合や、非正規雇用であっても会社で勤務している場合には、在籍確認は必ず行われると思ってよいでしょう。

ただし、個人事業主や自分が会社を経営しているときには在籍確認は行われません。

なぜなら確認することができないためなのですが、よく正社員や公務員に比べて、個人事業主や法人経営をしている人は、キャッシングやクレジットカードの審査に通りにくいと言われています。

それは安定した収入ではないからなのです。

このように一定の人を除くと、在籍確認は収入証明不要キャッシングであっても、必ず行われると思ってよいでしょう。

ただし、キャッシング業者はまた利用してほしいので、自分の名前を名乗って何々さんはおりますでしょうかというようにかけてくるのが一般的です。

 

在籍確認は審査においては必須項目といっても過言ではないので、自営業でない限りはまず避けることはできません。

しかし、業者名を名乗ることはまずないと言えるのですが、会社側も近年では経営が厳しいため、キャッシング業者であると悟ってしまうこともあります。

 

郵送物が送られてくることを防ぐ!それも可能です!

キャッシングを利用した場合、家族にもわからないように使用したいという人もいるでしょう。しかし、郵送物が送られてきたことによって判明してしまうこともあるのですが、実は郵送物が送られてこないようにすることもできるのです。

 

郵送物が発生する場合

郵送物の発生を抑えるためには、まず郵送物が送られてくる原因を知る必要があります。

基本的に郵送物が送られてくるのは、以下の4点が原因だと言われています。

1つ目は申し込んだときにカードが送られてくる、2つ目は契約書が送付されてくる、3つ目は明細を発行してもらったことで送られてくる、4つ目は滞納が原因で催促の郵便物が送られてくることです。

ここで考えてほしいことは、郵便物を食い止める場合、郵便局で保管してもらい、自分で取りに行くことが可能だということです。

そのためには、事前に利用者キャッシング業者に対して、郵便局に保管してもらうようにと言っておかないといけません。

また、最近ではインターネット上でキャッシングを利用できる場合が多く、手間や費用を抑えるために、郵便物を送らないという業者も増えているのです。

そのため、家族にばれないようにキャッシング業者を利用することも、現在では十分可能になっています。

 

滞納しないことが絶対条件

全てのキャッシング業者で、上記のように郵便物が家に届かないよう配慮してくれるというわけではありませんが、最近では配慮してくれる業者も増えています。

ただし、借りたお金を期限になっても返済しない場合には、郵便物の送付を止めることはまず不可能でしょう。

そのため、郵便物なしにするためには、絶対に滞納せず、期限までに全額返済をすることが絶対条件となっているのです。

簡単に言えば、決められたことをきちんと守っていれば、家族に内緒でお金を借りることも十分可能だということを意味しています。

ちなみに郵便物の受け取りに関しては、カードなどの場合には窓口で直接受け取ることが可能なキャッシング業者もあります。

 

まとめ

郵便物をなしにするためには、郵便局留めにしてもらう、窓口で受け取れるようにしてもらう、インターネット上のみで利用できる業者を選ぶという方法があります。

また、借りたお金は滞納せず、期限までに返済をすることが重要です。

▲ページトップに戻る